2017年3月28日火曜日

相変わらず部屋で絵を描いていて、

技術的な面で時々思うこと。例えば何気なく描いた一本の線がとてもよい塩梅だった。でもあまりに何気なくだったので線が途中で少し擦れてしまった。上から二度、三度、なぞって線のよいニュアンスを損なわないように筆を重ねてみる。ヨシ、ヨシ、ヨシッと。この三度目の「ヨシ」が余分だった。線が濃くなりすぎて折角のよいニュアンスが失われてしまった。僕はこう云う場合たいていは絵具が乾かないうちに拭き取ってもう一回同じことをやり直す。やり直すと最初の「何気なさ故のよいニュアンス」を再生することは出来ないけれど、やり過ぎた重ね塗りよりはマシな状態に復元してその作業を終える。こう云うことは絵を描いていると度々ある。そしてこう思う。「余計なことまでせずにおく事」は重要な技術だなと。

絵であれなんであれ「前回より少しでもよいものを」と取り組めばどうしても「やらずに済ませてしまった失敗」より「やり過ぎてしまった失敗」が多いのは否めない。あと一歩のところで「やらずに済ます」のはとても難しいけど、「あそこでやめておけばよかった」と云う後悔も随分経験してきたので、最近はほんの少しやり過ぎを回避出来るようになった気がしている。こんな事を書いていると、なんだか自分が年寄りっぽく思えてイヤなんだけど。


0 件のコメント:

コメントを投稿