2017年3月7日火曜日

連作

前作の人物をほぼ同じ構図のまま、角度と表情を少し変えてもう一度描いてみる。こう云う連作は今までにも何度か描いた事があるけど案外難しい。同じ人物のつもりで描いていても気が付くと違う人になっている時がある。「違う人」「同じ人」の基準は自分の中に在るだけのものだから曖昧なんだけど、でも描いている自分が「そう思えるかどうか」はやっぱり重要。同じ人物が瞬間にみせる表情の機微を描いてみたいと思ったのだから、違う人になってしまったら失敗なんだよね。以下の写真は7割程度。この時点ではまだ「違う人」にはなっていない。

0 件のコメント:

コメントを投稿